あずきらりん☆

azu kirarin☆ - かわいいものにかこまれて Surrounded by cute things -

5. うそつきリリィ

少女漫画、好きですか?

 

…なんかあれですね、好きですが、好きですか?みたい(笑)

 

ずんちゃちゃずんちゃちゃ、うぉううぉうらーびんゆー!(笑)

 

はい。

あずきは、少女漫画好きです。てか、少年漫画読みません。かわいくないので←

 

といっても、単行本派なのであんまり作品は知りません。おすすめあったらぜひ知りたいです!(笑)

 

で。タイトル。

うそつきリリィ

 

会社をお休みしてるときに、なんかこう

と、ときめきたい…!

と思い(笑)立ち寄った漫画喫茶。

ずいぶん久しぶりでした。何年ぶりだろう。

 

それでお店にはいるなり少女漫画棚へ直行。

人がいなくて助かりました(笑)

 

人がいるとやっぱり恥ずかしいというか、男の子な自分がそこにいるという場違い感がすごいので…

 

とりあえず、ゆっくり棚を見ていくと百合好きなあずきが思わず反応した(笑)タイトルが、このうそつきリリィでした。

 

早速一巻を引き抜いて、読了。

 

やばいこれおもしろい…!!

 

17巻まで出てましたが、勢いに任せて一気に大人買いです。もうめちゃくちゃです(笑)

 

家に帰って読んでいきましたがほんとおもしろい…てか、コメディスキーなので、ときめきつつも爆笑という作風が非常に合いました。

 

笑う犬の冒険というコント番組が大好きだったんですが、あれににた空気を感じます。

紙の上で、キャラクターが生きてるみたいに動く様はある種の感動すら覚えます。

そのくらい、表現がおもしろいというか、生き生きしてる、何度読んでも飽きない作品に出会えて嬉しく思います。

4. 自分の主治医は自分

突然ですが、あずきは、うつ気味の不安障害…らしいです。

らしい、とつけたのは、あんまり診断を信用していないから。

 

下記はとある日の私のツイート。

 

私は女の子ですって言えば性同一性障害だし、不安な気持ちがありますって言えば不安障害だし、それで補助金申請通りにくいからってうつ状態とか診断されるし、あまり気分が回復しませんって言えばばんばんきつい薬処方されるし、逆に良好ですって言えば1分で診察おしまいだし。もうなにこれ。

 

精神の病気って目に見えないから相応の時間がかかると思うの。なのに、不安な気持ちがあるかないか聞かれてあるって答えたら不安障害ってそりゃ判断早すぎないかな

 

まぁそんなわけで、あんまり信用してません。

ほんと、自分の主治医は自分だなって思います。全部が全部というわけでは、ないんでしょうけど…

 

カウンセリングもあんまり…な感じなのでなんともですね。

好きな歌歌ってたほうがよっぽど自分のためになってる気がします。

 

そして、自分のインナーチャイルドを癒してあげて…これなんてまさしく、他でもない自分にしかできないこと。

「誰かの手助けを借りることはあっても、最終的になんとかするのは医者でも薬でもなく自分」というのを感じます。

恋人に依存しすぎて失敗したり、友達に全部理解してもらおうとして空回りしたり…

あぁなんか思い出しただけで、いろいろほんとごめんなさいって感じです;;

でもでも、そんな私でも、仲良くしてくれる人がいるというのは、ありがたくて、嬉しくて。

大切にしたいなと思います。

3. いいのかな

へんな子ってだけで、なんかもう落ち込んじゃうよね。

なかなかお友だちもできないし、できたと思っても離れていったり。好きな人とか恋人さんとかもそう。

みんなと違う自分が嫌になったりするの。

でもかといって合わせようとすると今度は合わせすぎて息苦しくなったりして。

 

あずきは、男の子が嫌いです。いえ、乱暴とか暴力が苦手なんです。冗談半分でも叩かれたりすると恐怖感で震えます。

昔いじめられたりもしたから、その影響も、あるのかな。

 

だから戦隊ものとかは大嫌いでした。恐怖の象徴みたい。

魔女っ娘ものとか、ファンタジーばっかり観てました。でも、男の子だったのでそんなことは話せなくて。

そんな当たり前のコミュニケーションすら、あずきにとっては難しく、苦痛でした。

 

だから、学生時代は、人間味を感じられなかったんです。自分は人形かなにかだと思ってました。いや、人形になろうとしてたのか。

人間として接したらみんな離れていくから、それでも生きていくために人形であろうとしてました。

自分というものを徹底的に隠して、抑えつけてきたんですよね。

 

そんなときに、コスプレというものが存在していることを知ります。異性装もこのとき知りました。あと、ロリィタも。

女性化とか、性同一性障害とかもこのとき知ります。

 

これだ!って直感で思いました。

そして、ずっと閉じ込めてた女の子の私に言います。

「出てきていいよ」

 

楽しかったです。とても。

女の子友達に誘われて始めたコスプレ、というか異性装は今でも支えになってくれてます。

 

ただ、こうなってしまうと、いいのかなって思うんです。男の子なのに女の子のかっこをしちゃうのは、将来的にまずいんじゃないかなって。タイトルの思いはそんなところ。

でも、切り離せるものでもないので、折り合いつけてくしか、ないんです。

がんばろ。

 

知恵袋とか見てると、こんな感じで悩んでる男の子(ないしは女の子)、いるみたいです。

あずきでよければお話聞きたいなって思います。

…いや、だめですね、自分。素直じゃないです。

正直に言うと、そんな人といろいろおしゃべりしたいんです(笑)

お、お友だちになりませんか?(がくぶる

 

こういうのって答えを出すことより、誰かと共有することが大切だと思うんです(←おまえが共有したいだけだろうが!(笑))

自分の場合は、さきほどの女の子友達のお母さんでした。

いっぱいいっぱい相談にのってくださって、ほんとにありがたかったんです。

自分の場合は両親に理解があり助かりましたが、ない人がほとんどだと思います。そうなると、よりいっそうつらいんじゃないかな、なんて想像したり…

 

あ、でも、コメントだとプライバシー的な意味で問題ですね…もしよろしければ下記まで。

konazu45の後ろに@をつけて、さらに、yahoo.co.jpをつければかんせいです。

 

…さて。

ぜーんぜん関係ない話。

 

今日脱出ゲームの日なんですよ。

それでずぅっと友達待ってるんですが、どーも時間を間違っちゃったみたいです(笑)

 

んー、ひまひま、ひまわり!

どうしようかな(´・ω・`)ポツーン

2. へんな子

「へんな子」

これが幼少期、みんなからあずきに向けられていた視線でした。

自分とあまりに異なる性質を持ったあずきという人間が、たいへん奇異に映ったのでしょう。仕方ありません。

だって私は、男の子遊びが、いいえ、男の子というのが、大嫌いだったんですから。

 

生まれ持った性別というのは、その後の人生に大きく影響していきます。

ある時は行動の指針にもなります。みんな、その道しるべを持っている。

でも、私は、持っていませんでした。いいえ、矛盾する指針しか持っておらず、使い方が分からなかったのです。

女の子みたいな、男の子。私は何を信じればいいのかわかりませんでした。

 

どうにも使い方が分からないので、人に聞いてみましたが、誰も教えてはくれません。

教えてくれたやり方は、ことごとく自分には合いませんでした。

あまりにうまくいかないので、私は、人の思うとおりにしか、動けなくなってしまいます。

誰にも扱えない、あずきという存在は、だんだん邪魔に思われ、みんなから傷つけられるようになりました。当たり前のように。毎日。

そんな、幼き頃から、自らを抑圧する日々を過ごしておりました。悲しいはずなのに、悲しいと思うことさえ押さえつけていたように感じます。

 

 でも、今になって気付いたのは、あのころは自分のことを”抑圧”するだけで、殺しはしていなかったということ。

時期が来れば、復活させる気でいたのでしょう。

あずきは、無意識に感情を2つに分け、女の子な私に言います。

「今は、出てきちゃだめ。でもね、いつかね、あなたのこと、出してあげる。その時は、思いっきりきれいなお花を咲かせてね。」

そして、男の子な私にはこう言いました。

「今は残念だけど、耐えるしかない。だけど、がんばって守ってあげて。いつか思い切り輝ける日が来る。いえ、輝いて見せるからね」

心の中に妖精が2人いるみたい。

こうして無意識に感情を2つに分けた幼きあずきは、自分の意思以外で何者かの攻撃によって勝手に破壊されないよう、2つに分けた感情をそれぞれ、家に鍵をかけて守ろうとします。

あずき自身でも開けるのが困難な、鍵を使って、頑丈に。

いつか、扉を開けるときが来ると信じて・・・

1. はじめに

昔同人ホームページ(*1)を運営していたことがあるので、なんだかこうして文章を書いているのが懐かしく思います。当時日記をいっぱい書いてました。

 

はじめまして、あずきといいます。

 

前々からTwitterOneNoteに思っていることを文章として書きだすのはやっていたんですが、いろんな方のブログを拝見して、「みなさんと同じように ”ブログ”という形で、表現したいな」と思い、開設した次第です。

 

そして、自分と同じ悩みを持つ人に、すこしでもなにかきっかけになるような記事がかけたら、ちょっと嬉しいかな・・・なんてちょっぴり思っていたり。

そんなんなので、もし読んでいてなにかしか思うところあれば、お声かけしていただけると嬉しいです(笑)

お暇でしたら、ぜひ♪

それではよろしくお願いします(*´ω`*)

 

*1…チコリータ大好き!ってやってたあのサイトのことです(HN変えちゃったので難しいかとは思いますが。。。苗字が「ほ」ではじまるHNを使ってました)。もし、存じている方がいらっしゃいましたらご一報ください(笑)